2019年度 月例会スケジュール


7月 月例会の予定

 

開催日時:2018年7月26日(木)開場18:30、開講19:00~21:00

開催場所:立正大学 品川キャンパス  11号館6階 1162教室

テ ー マ :「ACT(アクト)を学ぶ」第1回

ACTは行動療法、認知行動療法に続く、第三世代の認知行動療法とも呼ばれる心理療法で、私は5年ほど前から読み漁ってきた分野です。その特徴は、①その名の通り「行動」に焦点を当てること、②マインドフルネスと価値に基づく行動という2つのスキルを組み合わせることです。行動重視のACTは、臨床分野においてだけではなく、最近欧米では企業分野においても幅広く活用され始めています。例えば、「社員の心の健康を増進し、行動を活性化するトレーニング・プログラム」として、既存の変革型リーダーシップ論、キャリア開発手法、組織開発手法などと組み合わせて、などです。
そうした企業分野も含む幅広い応用可能性を秘めた理論・技法だからこそ、「急がば回れ!」、「基礎からしっかり学ぼう!というのが今回の企画です。また、キャリアカウンセラーの方にとっては、心理療法の最先端を学ぶ機会としても貴重かと思われます。

書  籍:ラス・ハリス著 「よくわかるACT」の序章および第1章

内  容:ACTの理論(ヘキサフレックス)の全体像を概観すると共に、マインドフルネス・スキルを体験的に学びます。     

講  師:干場 進、機能的文脈主義研究会代表 プロフィール

定    員:24名になり次第締め切らせていただきます。

参  加 費:1,000円、当日会場にて承ります

お申込み:こちらから、又はメール hoshiba@multus.co.jp にてお申込みください。

 

 

いつものよう、月例会終了後は近くの中華料理屋でチョイ飲みの会です。どういうわけかこちらの方が盛り上がります!?

 


2019年度 月例会の全体像 (予定)

 

2018年

7月26日(木)  序章  ACTについて、および、第1章 ACTを簡単に言うと 

 8月休会

9月19日(水)  第2章 行き詰まってはいるが、壊れてはいない                         

10月17日(水) 第3章 ACTはどのように生まれたか                         

11月21日(水) 第4章 「体験的」であれ

12月19日(水) 第5章 ACTをはじめる

2019年

1月16日(水)  第6章 創造的・・・「絶望」!?

2月20日(水)  第7章 思考を観察する

3月20日(水)  第8章 オープンになる

4月17日(水)  第9章 今、ここに、いる

5月15日(水)  第10章 純粋なる気づき

6月19日(水)  第11章 何が大切かを知る

7月17日(水)  第12章 必要なことを行う

 8月休会       

9月18日(水)  第13章 「行き詰った」ときには、どうしたらよいのか?

 

10月16日()   第14章 我と汝(ACTにおける治療関係とは何か?)および、第15

          章 セラピストの旅  


過年の月例会

 

2015年度 月例会:原書「Appreciative Inquiry for Change Management」を読む
2016年度 月例会:原書「Leading with Questions」を読む
2017年度 月例会:原書「Conversational Intelligence」を読む

2018年度 月例会:「質問力」講義、全10回

2019年度 月例会:ACTを学ぶ、全14回 開催中