マインドフルネス


マインドフルネスとは、柔軟で、オープンで、そして好奇心をもって、今この瞬間に注意を向けること。マインドフルとは、そのような状態のこと。

 

ツールとして呼吸法、瞑想、メタファーなどがある。

 

呼吸法には二つの意図がある。

  1. 呼吸を、意識的にコントロールすることによって、心身の動きを整えていく意識的努力。
  2. さまざまな呼吸と呼吸に伴う心身の状態や働き(思考、感情、気分、記憶など)を観察すること。

マインドフルネスを通じて得られる「気づき」には色もなく、掴むこともできないのに、ただそれ自体で極めて力強い。気づきを痛みや不快な感情に向けると変容が起こる。なぜなら、気づきそのものが変容の力を備えた微妙なエネルギーだからである。